LOADING...

株式会社リッチフィールド由布

会社概要 -COMPANY-

HOME > 会社概要

消費者の皆様に安心・安全な国産パプリカを周年安定供給します。

株式会社リッチフィールド由布の概要

株式会社リッチフィールド由布について -COMPANY OVERVIEW-

社名
農業生産法人
株式会社リッチフィールド由布
所在地
〒879-5501 大分県由布市挾間町鬼崎字東原 1581
TEL:097-574-7281 FAX:097-574-7282
代表者
代表取締役社長 小林 俊三(Shunzo Kobayashi)
設立
2009年 9月

農業参入の経緯 -CIRCUMSTANCES-

宮城県にあるリッチフィールド栗原(有)は、夏期冷涼な気候を利用してパプリカの夏秋栽培を行っていましたが、周年的に国産を求める消費者の需要に応えるため、新たに九州地域に生産拠点を設けることとしました。

それが私達、株式会社リッチフィールド由布です。

用地選定や参入にあたっての協議検討の結果、由布市にハウスを建設し、リッチフィールド栗原(有)とのリレー出荷を行って参ります。

ハウス外観1

ハウス外観2

ハウス内観1

ハウス内観2

栽培の特徴 -FEATURES-

栽培施設は、フランス製のリッシェル型鉄骨2層フイルムハウスで、このハウスは自動換気装置を整備するとともに、保温性が高く、風雪に強いなど省エネ耐候型となっていて、その他にも温湯暖房施設や炭酸ガス施用装置を整備するなど生育環境も整っています。

栽培プラントはオランダ製でヤシ殻培地を利用した養液栽培を行っており、プラント制御用コンピューターを導入し、気温、二酸化炭素濃度などの栽培環境をコントロールすることができます。

ハウスは天井まで7mと高く、パプリカも4m以上成長します。

  • ○ 栽培形態 :長期多段どり冬春栽培
  • ○ 栽培品目 :パプリカ(レッド50%、イエロー40%、オレンジ5%、スナック5%)
  • ○ 目標出荷量:300t

2011年5月11日 初収穫祭

大分県知事、由布市長はじめご来賓の方々を招き、初収穫祭を行いました。

小林俊三
大分県知事
?

地元、湯布院旅館街のトップシェフによる由布産ドルチェパプリカを使った料理の試食会も同時に行い、大変盛況でした。

初収穫祭パプリカ試食会 ゆふいん料理研究会がドルチェパプリカを料理する

株式会社リッチフィールド由布 ドルチェパプリカ × ゆふいん料理研究会 新江憲一

今回、ゆふいん料理研究会のこうした地産地消への取組みを由布市全体に広げようと、由布市地産地消・特産品ブランド化推進協議会と湯布院温泉観光協会が連携しコーディネータとなり、新江会長による由布産ドルチェパプリカを使った料理の試食会が実現。
本協議会としては、今後もこうした活動を契機に、農業商工観光連携を深め由布市における地産地消や特産品ブランド化に取り組みたい。